丹波篠山市立歴史美術館ブログ

2020年06月



只今、歴史美術館では明智光秀関連の展示を行っています。

さて、ここで問題です!!!
地元篠山では ①『八上』 ②『波多野』
どう読んでいるのでしょうか??


明智光秀の丹波攻めポップ-1

私の地元では ①やかみ ②はだの と読んでいます。
①やがみ ②はたの ではありません。

ちなみに、

高城山から南西に派生する丘陵上に所在する奥谷城がありました。
さて読み方は・・・・
地元では「おくだに」と読んでいます。


インターネット、雑誌等々では地元で読んで
いる読み方と異なることが多々あります。

正しい、間違いの論議はいたしません。
しかし地元民としては地元民が読んでいる
とおりに読んでいただけると嬉しくなるものです。

          丹波篠山観光“変わらぬ歴史と美がここにある” 歴史美術館スタッフ

97850
ミュージアムショップに王地山焼きの風鈴を出しました。
チリンチリンと鳴るものやコロンコロンと鳴るもの........
ひとつひとつ音が違っていて、どれもかわいらしいです。
風鈴の音で涼をとる.....日本の夏はもう間近です。

We showed up new goods on musiumshop.
These bells are called "Fuurin", that mean is "wind bell".
They make all different sounds.
We feel nice and cool, when we hear the Fuurin 's sound.
Summer is almost there....

丹波篠山観光“変わらぬ歴史と美がここにある” 歴史美術館スタッフ

梅雨にはいり23日間雨が降り続いています。

歴史美術館の庭園ではキョウチクトウ(夾竹桃)が綺麗に咲いています。

一重咲きや八重咲きの花をつけ、プロペラ状に曲がる花びらが特徴です。

キョウチクトウはインド・中東を原産とし日本へは江戸期に
中国から伝わったと言われています。
葉は竹に、花は桃に似るところから「夾竹桃」と命名されました。

DSC_7942
さて、花言葉をご存知ですか?
キョウチクトウに強い毒性があることにちなみ
「注意」「危険」「用心」とされています。

DSC_7943 

原爆が落ちたあと、広島で最初に花を咲かせた
植物が夾竹桃だったことから、
復興のシンボルとされたそうです。

丹波篠山観光“変わらぬ歴史と美がここにある” 歴史美術館スタッフ

このページのトップヘ