丹波篠山市立歴史美術館ブログ

歴史美術館の令和4年度の特別展が開催されます。
2022特展チラシA_0814
2022特展チラシB_0817_OL


今村静斎(本名静治)は、明治23(1890)年、篠山町(現・丹波山市)西町に生まれました。若き静斎は、平安鎌倉の昔から今に続く「丹波焼」のすばらしさに感動し、江戸時代の篠山藩主のお庭焼「王地山焼」が廃窯になったことを残念に思い、王地山焼の復興をめざして陶芸の道を志します。京都での修行の後、自宅の庭に窯を築き、「篠山焼」と名付けました。青磁や染付、三島手などの茶陶を多く制作し、中でも、象嵌の技法を取り入れた壺や鉢には優れたものがあります。しかし、大正11(1922)年、32歳で病没。その後、篠山焼が途絶えることを憂いた父源太郎は、66 歳ながら瀬戸で修行を重ねた後、自ら二代目静斎を名乗り、篠山焼を継承しましたが昭和10(1935)年に病没。篠山焼は、わずか20余年で途絶えてしまいました。本年は、初代今村静斎没後百年にあたります。篠山焼の優品の数々と自筆資料を通して、作品作りに心血を注いだ、子と父、二代の静斎の生涯を知っていただく機会といたします。

【主な出展品】初代今村静斎より父への手紙(窯設計図)、象嵌青海波鶴文瓶掛、青海波文角瓶
菊蟹絵茶碗絵、山水船遊図、染付山水文煎茶碗(高橋道八作)

篠山焼創始者・今村静斎の生家―陶々庵 (土日祝のみ見学可能です)
開館時間:10:00~16:00
*開館日は、都合により変更する場合があります。事前にご確認ください。10/15(土)・16(日)は都合により休館。個人ギャラリーですので、訪問される際には十分なご配慮をお願いいたします。
住所:兵庫県丹波篠山市西町64お問合せ:090-7884-6651(今村 俊明氏)
https://to-to-an.com/ メール:tamba@green.ocn.ne.jp

ウォーキングツアー篠山焼に触れるー歴史美術館から陶々菴へ
①歷史美術館
↓ トークギャラリー
②青山歷史村
↓ 篠山焼を使ってのお茶席
 ③陶々菴見学
〇日時
1回目:10月22日(土)
  2回目:10月29日(土)
  3回目:11月26日(土) 
 いずれも13:00〜15:30※終了時間は予定です。
定員: 1回先着10名まで
集合場所: 歴史美術館
参加費: 1人1500円※トークギャラリー・お茶席・見学に係る参加費用です。(別途歴史美術館・青山歴史村の入館料が必要です)
申込方法:事前申込制
申込締切:定員になり次第、もしくは開催日の2日前

入館時間9時〜16時30分(最終日は16時)
休館日 月曜日(祝祭日はその翌日)
入馆料大人500大学・高校生400円 中学・小学生300円
(30名様以上で団体割引あり)
4館通入館券(歷史美術館・篠山大書院·武家屋敷安間家史料館
青山歴史村大人800円 大学・高校生500 中学·小学生350円
[歴史美術館へのアクセス]・JR篠山口駅から神姫グリーンバスで
春日神社前下車東へ徒歩1分・お車でお越しの方は舞鶴若狭自動車道
丹南篠山口Iから東へ約10分(歴史美術館南側専用無料駐車場5台)

新型コロナウイルス感染症拡大により、予告なく期間の変更、臨時休館となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

昨日は大暑。
梅雨あとの雨が上がり、一年で一番暑~い夏!!
歴史美術館の空も青空です。

夏休みに入り、子どもさん連れの家族が
大勢ご入館されることと心待ちにしております。

新型コロナ感染第7波になっていますが、
各自感染には気を付けつつ、暑い夏の思い出を
沢山つくりましょう。
IMG_1835

IMG_1840

丹波篠山観光“変わらぬ歴史と美がここにある” 歴史美術館スタッフ



丹波篠山市指定文化財の
「源氏物語絵巻」クリアファイル販売開始しました。

文化財課許可済案20220528須磨の巻
文化財課許可済案宣伝用
クリアファイルは、須磨の巻、明石の巻の2種類ございます。
一部300円(税込)
令和4年7月1日㈮から販売開始しました。

(丹波篠山観光“変わらぬ歴史と美がここにある” 歴史美術館スタッフ)

このページのトップヘ