丹波篠山市立歴史美術館ブログ

令和5年度無料開放(敬老の日)0914



歴史美術館では、敬老の日にちなみ満65歳以上の方は、9月18日(月・祝)の入館が無料となります。
ぜひ、この機会にご入館いただき、芸術の秋を堪能してみてください

ちなみに、現在の敬老の日の発祥が兵庫県だということは皆さんご存じでしょうか?
元は、1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)の村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。

当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、1947年から農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになりました。

これが1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになりました。しかし、「としより」という呼び方はどうにかならないか、ということで各方面から異議が起こり、「老人の日」にいったん改名、その後さらに「敬老の日」と名称が改められました。


(変わらぬ歴史と美がここにある 歴史美術館スタッフ)

本日8/16の丹波篠山デカンショ祭の開催が決定いたしました。つきましては、青山歴史村の以下のイベントは予定通り実施いたします。
〇スタッフによるデカンショ踊りレクチャー
〇オリジナル手ぬぐい作り
〇17:00~22:00 の丹波篠山デカンショ館夜間無料入館
〇デカンショの小径Cafe
皆様のご参加をお待ちしております。

なお、以降、万一、開催が不可能な重篤な被害が発見、または新たな荒天が発生した場合については、丹波篠山デカンショ祭公式ホームページにて発表されます。開催に係る新たな発表がない場合は、開催に向けて進んでいるものとご理解ください。丹波篠山デカンショ祭公式HP

816(水)デカンショ祭開催の可否について

明日8/16の丹波篠山デカンショ祭の開催の可否については、明日8/16の午前に丹波篠山デカンショ祭実行委員会によって判断されます。台風7号による被害状況、被害からの復旧に要する時間などを考慮しての判断となります。以下の公式HPをご覧くださいませ。
丹波篠山デカンショ祭公式HP。
なお、丹波篠山デカンショ祭が中止となった場合、大会可否に準じて以下のイベントを中止いたします。
〇17:00~22:00 の丹波篠山デカンショ館夜間無料入館
〇デカンショの小径Cafe

大会の可否にかかわらず以下のイベントは実施いたします。
〇スタッフによるデカンショ踊りレクチャー
〇オリジナル手ぬぐい作り
14:00からと16:00からの2回実施を予定しております。
当HP、ブログ、SNS等で発表いたします。

台風7号は現在も近畿地方を通過中です。皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいませ。

このページのトップヘ